饗 くろ㐂(もてなし くろき)@東京

憧れの饗 くろ㐂さん初訪問
JR秋葉原駅から徒歩5分くらいです
a0251646_13054578.jpg
外観です
a0251646_13054737.jpg
並び方の案内

このころはまだ東京のラーメン店の並び事情に疎くうっかり7時着
まだ九月だったので熱い中頑張って並んでました
待つこと数時間で二番手さんが来てほっとしたのは内緒です
a0251646_13055917.jpg
メニュ代わりの券売機
a0251646_13162603.jpg
限定メニューの案内
結構早いサイクルで現てメニューが変わるのがうれしいやら悲しいやら
あ、くろ㐂さんは連食はOKですが限定×限定の連食は禁止ですのでご注意を
a0251646_13054957.jpg
店内はこんな感じ
L字カウンターと4人掛けのボックス席でMAX13人ってかんじかな?
ボックス席は基本二人での訪問なら横並びで案内されて相席になるのでご了承を
a0251646_13055005.jpg
a0251646_13055348.jpg
こだわり
半端ないですね
a0251646_13055183.jpg
しおそば1000円
スープの力強さ
麺のたおやかさ
トッピングの完成度
バランス
もうどれをとっても非の打ち所がありません
旨い以外の感想をのべるとしたら
死ぬほどうまい
毎日食べたい
のどちらかしかでません
素材・調味料の一つ一つ隅々までこだわりぬいた珠玉の一杯です
正直これは1000円でたべていい皿ではないと思います
もういろんな概念が吹っ飛ぶこと間違いないです
a0251646_13055664.jpg
しろとうもろこしと羅臼昆布の冷やしそば1100円
まず塩だれに水出しの羅臼昆布の出汁を張った平打ちのふすま入りピロピロ麺
これだけで十分一皿になるのにそこにアスパラとミニトマトのお浸しに紫タマネギに丹波黒鳥の生ハム
という極悪なコンボ
さらに添えられた白トウモロコシの”白い妖精”はなんと生
これが噛みしめるとめっぽう甘い
ここまでで普通のお店なら完成しているところさらに・・・
a0251646_13055811.jpg
つけ汁アップ
白い妖精で作ったスープにガランマサラと焼きトウモロコシ
このトウモロコシはゴールドラッシュという品種で芯を外し刷毛で丁寧に醤油をぬって焼いてあるとか・・・
もうどこまで感動させれば気がすむんだよ!こんちくしょー!!って感じです
もちろん麺を浸すと天国まで連れてかれそうな圧倒的な旨さ

たまりませんよ
一度この味を知ってしまえばもう戻れない
そんな一杯です

ごちそーさまでした
ちなみにくろ㐂さんの記事のストックはかなり大量にあります
どうやってアップしようかな?

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ


[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 13:44 | ラーメン | Comments(0)

麺屋 一燈@東京

このころは東京暮らしがこんなに続くなんて思ってなくて・・・
この一回の遠征にかけてめっちゃ綿密に計画をたててたなぁーと今思い返すと懐かしいですね

凪さんの後は麺屋 一燈さんに直行しました
a0251646_10234790.jpg
外観です
こちらのお店は行列ができそうな場合整理券を配布するということで早めに現着
確か7時過ぎにはついてたかな?
しばらく座っていると店員さんが
お早いですね整理券です
10時ごろ戻っていただいて整理券の順番にお並びくださいと説明してくれました
a0251646_10282490.jpg
メニュー代わりの券売機
塩と醤油が曜日で変わり月曜日には限定があるそうです
月曜日なんてふつー来れないだろーと叫びたいですね
後ご飯ものも充実しすぎて・・・悩みます
a0251646_10301407.jpg
せっかくなので基本の基本
芳醇香味そば(塩)780円
a0251646_10301608.jpg
麺は細麺のストレート
澄んだお出汁からはなんともいえないかぐわしい香り
たまりません
チャーシューも抜群においしくシンプルだけど箸を止めさせない力強い旨みと香り
飲み込んだ後の鼻を通り抜ける香りも秀逸で・・・
やばいですね
a0251646_10301882.jpg
こちらは濃厚魚介つけ麺830円
a0251646_10302027.jpg
麺は自家製太麺
色艶香味すべてに非の打ち所がないです
a0251646_10302167.jpg
つけ汁
濃縮された鶏の旨みに幾層にも折り重ねられた魚介の風味
やや塩気が強い気もしたが麺をつけるとちょうどよい感じ
トッピングのつくねはこりこりで噛みしめると柚子の香り
これはあいますなー

こちらもあっという間に完食
最後に割スープで割って完飲

どちらも完成度が異常に高い一杯でした
ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 11:20 | ラーメン | Comments(0)

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館@東京

東京朝ごはんシリーズ(謎)
最近名古屋にもイベント出店したすごい煮干ラーメン凪さん
その新宿ゴールデン街店本館はなんと24時間営業
つまり早朝からラーメンを食べれる素晴らしいお店なんです
a0251646_09554321.jpg
まずは外観
この入り口から狭い階段を昇って二階に店舗があります
早朝のゴールデン街はまさに深夜食堂の雰囲気で楽しいです
a0251646_09554920.jpg
a0251646_09555529.jpg
メニュ
どれもおいしそう♪
味の調整もあって面白そうですね
a0251646_09560159.jpg
すごい煮干しらーめん+漁師飯セット1250円
a0251646_09560861.jpg
麺は縮れの平打ち
スープは名前の通り煮干しの香りがすっごくて眠気が吹っ飛びます
a0251646_09561318.jpg
こちらは一反麺
まるでワンタンですね

スープをすすると煮干しの風味が口の中で爆発します
醤油タレのバランスが絶妙で飽きが来ない感じは飲んだ後でもあさらーでも行ける万能選手でしょうか?
太い平打ちの縮れ麺がスープを程よく絡めてどんどん箸が進みます
トッピングもバランスよく幸せな一杯でした
a0251646_09561877.jpg
こちらが漁師飯
真ん中に乗っているのが漁師味噌
瀬戸内なんかでよく見かけるいりこ味噌をあれんじしたものでしょうか?
これをがーっとまぜてそのままたべると口いっぱいに魚の香りが広がります
a0251646_09562602.jpg
適度に食べ進めた後スープをかけていただきます
これもたまりませんね
できたらこちらのお店ではセットでの注文をお勧めします
あとネギがすっごく合うので駒葱追加もおすすめかな?

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 10:19 | ラーメン | Comments(0)

和風居酒屋 魚輝@東京

ある日タイムラインに流れてきた一枚の画像
某M子さんがリツイートしてきたやつだったのですがむっちゃおいしそう

その画像を見てすぐ電話して何とか東京にいる日に予約成功
そんなお店が和風居酒屋 魚輝さんでした
a0251646_20465779.jpg

外観はこんな感じ

六本木駅か乃木坂駅から徒歩7分ってところでしょうか?
暖簾とかなくてむっちゃ迷いました(;;)
店員さんに誘導され何とかついたときには前通ったじゃん!!
と自分に突っ込んでましたよ(;;)
a0251646_20501406.jpg
a0251646_20501177.jpg
メニュ
刺身の盛り合わせだけは要予約です
a0251646_20501673.jpg
刺身盛り合わせ
値段は時価です
最終の会計から想定すると一人前1000円前後かと思われます
刺身はじっくり手当されたものからきときとなものまでいろいろ
個人的には青物がすっごく好みでした
a0251646_20501837.jpg
つづいてズワイガニのなめろう980円
これは日本酒にめっちゃいます
濃厚なみそとかに身の甘さに飛子の食感のあくせんとがたまりません
なめるように日本酒を飲むと幸せですに
a0251646_20502096.jpg
白子ときのこのフリット1080円
お店のかたが一人で食べてる私に心配して半量もできますよと言ってくれましたが通常量です
こういう気づかいはうれしいですね
白子の濃厚な味とサクっとした食感
いろいろなキノコの味も楽しめてお得感まんさいでした
a0251646_20502335.jpg
でいてもたってもいられなくなった原因のウニいくら土鍋ご飯時価
これも推定1合5000円くらいでしょうか?
注文から一時間程度時間がかかるのでなるべく早くオーダーを通しておくことをお勧めします
a0251646_20502513.jpg
断面ショー
味?
やばいとしかいえません
あーもう一度食べたいなー

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-01 21:00 | 和食 | Comments(0)

ローストビーフ油そばビースト@東京

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく願いいたします。

とかきながらすごくさぼった昨年をめっちゃ後悔してます。
でも言い訳をすると仕事が忙しかった・・・・
どころではなく9月以降週末のほとんどを東京で過ごしていた・・・
という状況でして(;;)

書く時間はほとんど捻出できずネタも東京ばっかという状況で更新に意味あるのかな?
とか悩んでいたりもしたんです。
でもなぜか三重の人に東京で偶然出会う機会がかなりあったので意外に上京率たかいのかな?
と開きなおることにしてしばらく東京編を書くことにしました。

まずはタイトルにあるローストビーフ油そばビーストさん
もう名前からよだれがたれちゃいそうです
しかしこのお店のすごいところは営業時間
なんと11:00~8:00(LO7:30)なんです
つまり夜行バスで新宿についてそのまま朝ごはんできるという素晴らしいお店なんです

a0251646_20211489.jpg
外観はこんな感じ
新宿駅から徒歩5分くらいです
a0251646_20215569.jpg
内観はこんな感じ
結構きれいです
a0251646_20221206.jpg
a0251646_20221559.jpg
めにゅです
丼や皿もあるのがいいですね
a0251646_20223363.jpg
でもやっぱり最初は基本のローストビーフ油そばダブル1300円
a0251646_20223589.jpg
麺はこんな感じです
a0251646_20221746.jpg
おすすめの食べ方に従って食べていきます
まず一口ローストビーフをほうばるとなかなかの美味
朝っからお肉をがっつりいってる背徳感がたまりません
次にむらなくかき混ぜて麵と一緒に味わいます
油そばという名前から結構がっつりきそうですが結構あっさりとした醤油ダレでサクサク食べれます
味変には茎わさびがおすすめ
玉ねぎ好きなら追い玉ねぎするのもありですね
玉ねぎ追加は無料なので勇気を出してコールしてくださいね
a0251646_20223727.jpg
〆の追い飯
a0251646_20223959.jpg
投入
残ったたれにしっかり絡めて残しておいたローストビーフでくるんとまくと幸せになること間違いなし

ごちそー様でした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-01 20:33 | ラーメン | Comments(0)

あら炊き塩らぁめんの店 麺屋海神(めんやかいじん)@東京

蔦さんをでてやっと本来の目的地の渋谷オーチャードホールに向かいます
実は上京した目的はコンサートだったんです
a0251646_06281221.jpg
アニメの曲をフルオーケストラで聞ける
しかもコンマスは永峰さんで指揮は渡邉さん
そして最近気になってるバイオリニストの野田 明斗子さんもでてるってなったら行かざるを得ません
げすとでいとうかなこさんがフルオーケストラバックに歌い司会は春名風香さん・・・
こんな混沌とした素晴らしいコンサート二度とないかもしれませんw
a0251646_06281683.jpg
本当は場内撮影禁止なのですが開演前にとらせていただきました
だって最前列の席をとれたのはじめてだったんです
で・・・コンサートですが・・・素晴らしいの一言です
目の前3メートルくらいの距離で永峰さんが・・・野田さんが・・・渡邉さんが・・・
耳福です
きっちり昼公演・夜公園両方拝聴させていただきました

で・・・コンサートも終わりあとは帰るだけ
夜講演終わる時間から逆算すると新幹線だとちょっときつい・・・
ということで岐路は高速バスを選択
新宿発11時のバスを予約したので1時間ちょっと余裕があります

というわけで最後にうかがったのが
a0251646_06275937.jpg
新宿にあるあら炊き塩らぁめんの店 麺屋海神(めんやかいじん)さん
外観です
a0251646_06441968.jpg
2階入り口前
夜10時近いのに並んでいます
流石東京ですね
a0251646_06280867.jpg
並ぶ際は通路が狭いので注意が気がw
a0251646_06460275.jpg
a0251646_06460387.jpg
メニュー
a0251646_06460910.jpg
壁にしかなかった限定冷やしの紹介
a0251646_06461031.jpg
今日のあら
豪華ですね
a0251646_06460578.jpg
1杯目は冷やしを選択
冷やしあさりラーメン1030円
あら出汁+あさり出汁のダブルスープ
キーンと冷やされたスープに細めの麺を合わせわかめときゅうりと水菜をトッピングしいたばらんすの良い1杯
魚臭さは一切なく複雑な旨味を上手にまとめています

飲んだ後熱い新宿でこのラーメンは反則級だと思います
a0251646_06460899.jpg
二杯目はあらだき塩ラーメン
トッピングのつみれが斬新です
また白髪ねぎにみょうがやシソなどが混ざっておりあら炊きスープに良いアクセントとなっていました
a0251646_06460668.jpg
そして一番やられたと思ったのがこのへしこの焼きおにぎり

a0251646_06460850.jpg
そのままたべてよし
スープに浸してよしとたまらないうまさです
へしこが苦手じゃない方はぜひセットを頼んでほしいかな?

ごちそーさまでした
東京は美味しそうなお店がよるあまり営業されていないので助かりました

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2015-08-01 07:02 | ラーメン | Comments(0)

Japanese Soba Noodles 蔦@東京

関東遠征二日目
前日は横浜時代の知人たちと
a0251646_08270686.jpg
ここでしこたま飲んで食べての大宴会
フラフラの状態でホテルに帰り着き爆睡
若干二日酔いの体を引きずりつつ小田急で新宿へでて山手線に乗り換えて巣鴨に移動しました
a0251646_08220410.jpg
この日の第一目的地Japanese Soba Noodles 蔦さんの外観です
a0251646_08220542.jpg
常に並びが出る店なのできちんと並び方の支持がありわかりやすかったです
ちなみに9時半に到着した時点で5番目でしたので1順目確定です
待つこと一時間半…外は炎天下ですがこちらのお店の並ぶ場所はマンションのピロティのような場所
たぶん20人目くらいまでは日陰で並べるという素晴らしさ
時折涼しい風も吹きこみかなり快適な待ち時間でした
(らーめん大好き小出さんの影響か開店時には60人近く並んでいました・・・)
a0251646_08220632.jpg
メニュー
基本は汁そば2種つけそば2種の4種類です
a0251646_08220779.jpg
塩つけそば900円
a0251646_08351525.jpg
麺アップ
a0251646_08220875.jpg
つけ汁アップ
浮かんでいるのはナッツペースト
軍鶏ロックの清湯をベースにアクセントはアンチョビとオリーブオイル
麺は全粒粉の香り高い中太麺

麺だけ食べてもかなりの美味なのですがつけ汁を絡めると嵐のような旨味の奔流
最初はナッツペーストの甘みと小麦の甘みのハーモニーで始まりそこにアンチョビの塩気が加わり
最後は鼻を抜ける軍鶏ロックの香りの爆発
たぶん1杯を自分史上最速で食べた気がします(たぶん3分かかってません)

ご店主に早いですねーと笑われながら
a0251646_08220944.jpg
二杯目は味玉醤油そば850円
卵へのこだわりが半端ないことを知っていたのでしっかり味玉はトッピングw
横のご飯は〆のスープ茶漬け200円です
本当は卵ごはんが食べたかったのですがこの日は販売なし(;;)
a0251646_08221004.jpg
醤油そばアップ
シャモロックをベースにしたスープとあさりベースの海産物スープを雪平で合わせているのですがこの時点で
香りでお腹がすいてきます
そこに醤油の香りとトリュフの香りが合わさり香りの大洪水状態
スープを一口すすると洪水どころかビックバン
二杯目なのにリセットの必要を感じないくらいの圧倒的な攻撃力
麺をすするとしっかりと小麦の香りがしスープの香りと一緒に鼻を通ってゆきます
しかしインパクトだけではなく最後の一滴まで飲み干さなきゃと思わせる深みもありさすがの一杯
a0251646_08221162.jpg
〆のスープ茶漬けも潤目節・あおさ海苔・三つ葉・わさびでアクセントが付いたスープでご飯がさらさらっと食べられます

正直三重のラーメンレベルも上がってきていますがここまで突き抜けたお店はまだ少なく
こんなラーメンが地元で食べれる日が来たらなーと後ろ髪をひかれる思いで店を後にしました

本当においしかったです
ごちそー様でした
なるべく近いうちに再訪したいなと思います

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2015-07-31 09:13 | ラーメン | Comments(0)

京橋千疋屋 京橋本店@東京

無事仕事が終わりました
せっかくなので新幹線乗る前に何かおいしいもの・・・
そう考えながら歩いていたら目に飛び込んできたお店がありました
a0251646_17583272.jpg

京橋千疋屋 京橋本店さんの外観です
おぉ・・・千疋屋
話には聞いていましたがこんなところで目に入るなんてこれもなにかの縁
そう思って飛び込みましたw
a0251646_17584974.jpg

内観です
入り口すぐは高級果物店てかんじで果物が並び奥はカフェスペース
素敵過ぎます
a0251646_1759690.jpg

a0251646_1759191.jpg

a0251646_17593556.jpg

a0251646_17595070.jpg

a0251646_180632.jpg

a0251646_1802121.jpg

a0251646_1803623.jpg

a0251646_1805545.jpg

メニューラッシュ
普段なら目移りしてしまいそうですが・・・
なんとピーチフェア開催中
大の桃好きの私にはそこしか目に入らなくなり・・・
a0251646_1811886.jpg

こうなりましたw
桃のパフェ1944円と桃のサンドウィッチ1620円
なかなか強気な価格設定ですが店舗スペースの果物達を見ていれば納得できる価格です
a0251646_1813484.jpg

a0251646_1814853.jpg

パフェアップ
桃の香りがぱないです
口に運ぶとびっくりするほどの甘みとももの風味が駆け抜けます
多分緩みきった幸せな顔をさらしていたに違いありませんが・・・
うますぎですからしかたありません
a0251646_182260.jpg

サンドウィッチアップ
しっとりときめの細かいパンに口当たり滑らかな生クリーム
しかも桃の味をまったく邪魔しない絶妙の甘みで桃の存在感を際立たせてくれています
めちゃくちゃうまかったです

桃尽くしで幸せな気分になれました
ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ
京橋千疋屋 京橋本店
[PR]

by tiyozo | 2014-10-13 18:15 | スィーツ | Comments(0)

六厘舎@東京

東京に着きました
とりあえずお昼を食べようと思って東京駅のラーメンストリートへ

やっぱり(初めて)ここにきたらこの店に並ぶしかありませんw
a0251646_11113173.jpg

六厘舎さんです

ちなみに東京駅着11時20分
クライアントとの約束は13時
列最後尾には75分待ちの表示・・・

ぎりぎりいけると判断した私は駄目人間でしょうか?w
a0251646_11114716.jpg

豚玉つけ麺1080円+辛味100円

a0251646_11115999.jpg

麺アップ
もちもちの太麺です
a0251646_11121726.jpg

つけ汁アップ
バランスの良いとんこつ魚介のWスープ
魚粉でじょじょに魚介が強くなっていきます
トッピングの豚ほぐしがいい感じです

凄くおいしいんですけど若いころ東京出るたびにラーメン食べまわってたときほど感動はなくなりました
それだけ地元で食べれるラーメンのレベルが上がったんだろうなーとおもいつつ
スープ割を注文
柚子も入れてもらいずずっとすすって12時52分完食

約束の時間にぎりぎりセーフでした(汗)

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ
六厘舎
[PR]

by tiyozo | 2014-10-11 11:19 | ラーメン | Comments(0)

七條@神田 後篇

さてとでは後編突入w
メニューなどが気になる人は前編をご覧ください

コースは進み前菜へと突入します
a0251646_12292753.jpg

まずは単品で頼んで3人でシェアした生ガキフランボワーズビネガー風味
まるでミルクのように濃厚な生ガキをフランボワーズビネガーでいただきます
牡蠣独特の臭みは全くなくかといってうまみはしっかりと残しつつという絶妙な仕事
フランボワーズの華やかな香りの奥にほんの少し散らされた浅葱のさわやかな香り
白ワインがどれだけでも進みそーですがこの日は月曜日
自制が必要なのがつらいですね
a0251646_12293382.jpg

私注文の寒鰆のくんせいジャガイモのサラダ添え
寒鰆の燻製具合が絶妙です
そして添えられたジャガイモサラダの芋の味の濃厚さ
たまらないです
a0251646_12294293.jpg

やまぴーさん注文の七條名物と名高いウニのコンソメジュレカリフラワーのピュレ添え
ウニの濃厚な甘さと丁寧にひかれたコンソメの旨味んおpコントラスト
まわしかけられたカリフラワーのピュレはどこまでも優しく甘くそれでいて主張は忘れない
予約必須なのも納得の味でした
a0251646_12293879.jpg

お姉さま注文の赤ピーマンのムースズワイガニとアボガドのマリネ
これがほんとに赤ピーマン?と思うようなムースにたっぷりのズワイガニのほぐし身とアボガド
マリネ具合は優しく絶妙でメニューに書いてなければされていたことに気づかなかったかもしれません
本当に丁寧な仕事をしています

前菜が終わると・・・
a0251646_12295668.jpg

名物のエビフライ
さっくさくですに!
まずは一口そのままで
次はレモンを絞って一口
最後にたっぷりとタルタルを添えて一口
しっぽまでおいしくいただけます
噛みしめるごとにプリップリのエビの食感と芯一本レアという絶妙な火の入れ具合からくる
ジューシーな海老汁が楽しめますに?

つづいて主菜に入ります
a0251646_1230890.jpg

やまぴーさん注文の和牛ほほにくのはちみつと赤ワイン煮クミン風味の人参添え
ほほ肉はふるっふるですに?
ふるっふるふるっふる
頭の中がいっぱいになっちゃいますw
クミン風味の人参もとっても美味
ガルニに手を抜かないお店は大好きです
a0251646_1230332.jpg

お姉さま注文のランド産鴨もも肉のコンフィジャガイモとキノコ添え
表面をカリッかりに焼いて鴨の旨味たっぷりの肉汁をこれでもかっ閉じ込めています
肉質のよさガルニのうまさもあいまってたまらないお味
これは手づかみでがぶりたくなりますね♪
(某SNS上にはお姉さまの豪快な写真が出回ってるはず?w)
a0251646_12301374.jpg

私注文の丹篠山産イノシシのポワレポワヴラードソース
おそらく若い雌の猪をポワレにし胡椒の強く効いたポワヴラードソースでいただきます
これは・・・
ご飯が欲しくなる味!
濃厚なイノシシの旨味たっぷりの脂身の部分をお姉さまにいただいたご飯にオン
写真は撮りませんでしたがめっぽううまかったです!!

主菜が終わるとさみしいですがデザートに進みます
a0251646_12302188.jpg

まずはやまぴーさん注文のクレームブリュレ
バニラの風味を強く効かせた濃厚なブリュレに薄く焼きつけられたキャラメリゼの食感が
最高です
そーいえば注文を見る限りやまぴーさんはいかにも堅実派って感じでしょうか?
書いていて改めて気が付きましたw
a0251646_12302583.jpg

お姉さま注文の洋ナシのコンポート
本当に絶妙なコンポートでした
これは言葉で表現するの難しいなー
そして改めてお姉さまの注文を振り返ると大人の女性独特のしとやかさの中に華やかさを
忘れない素敵感
料理の好みって人を表すのかも・・・なんて思ってみたり
a0251646_12301788.jpg

私注文のクルミ入りチョコレートのテリーヌ
空焼きされたクルミの香ばしさと濃厚なチョコのテリーヌ
添えられたキャラメルアイスクリームとの相性も抜群です
振り返ると私の注文はかなり支離滅裂な感じ?でしょうか???w

こうして楽しい夜は更け行きます
やまぴーさん
お誘いありがとうございました
お姉さま
本当に楽しい夜でした
ありがとうございます

そして最高の料理を供してくれたシェフに敬意を表しつつ
ごちそーさまでした

帰りの中央線は忘年会帰りでひどい混雑でしたがそれもまたいい思い出かもしれません

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ
七條
[PR]

by tiyozo | 2013-12-21 13:11 | イタリアン・フレンチ | Comments(6)