饗 くろ㐂(もてなし くろき)@東京

憧れの饗 くろ㐂さん初訪問
JR秋葉原駅から徒歩5分くらいです
a0251646_13054578.jpg
外観です
a0251646_13054737.jpg
並び方の案内

このころはまだ東京のラーメン店の並び事情に疎くうっかり7時着
まだ九月だったので熱い中頑張って並んでました
待つこと数時間で二番手さんが来てほっとしたのは内緒です
a0251646_13055917.jpg
メニュ代わりの券売機
a0251646_13162603.jpg
限定メニューの案内
結構早いサイクルで現てメニューが変わるのがうれしいやら悲しいやら
あ、くろ㐂さんは連食はOKですが限定×限定の連食は禁止ですのでご注意を
a0251646_13054957.jpg
店内はこんな感じ
L字カウンターと4人掛けのボックス席でMAX13人ってかんじかな?
ボックス席は基本二人での訪問なら横並びで案内されて相席になるのでご了承を
a0251646_13055005.jpg
a0251646_13055348.jpg
こだわり
半端ないですね
a0251646_13055183.jpg
しおそば1000円
スープの力強さ
麺のたおやかさ
トッピングの完成度
バランス
もうどれをとっても非の打ち所がありません
旨い以外の感想をのべるとしたら
死ぬほどうまい
毎日食べたい
のどちらかしかでません
素材・調味料の一つ一つ隅々までこだわりぬいた珠玉の一杯です
正直これは1000円でたべていい皿ではないと思います
もういろんな概念が吹っ飛ぶこと間違いないです
a0251646_13055664.jpg
しろとうもろこしと羅臼昆布の冷やしそば1100円
まず塩だれに水出しの羅臼昆布の出汁を張った平打ちのふすま入りピロピロ麺
これだけで十分一皿になるのにそこにアスパラとミニトマトのお浸しに紫タマネギに丹波黒鳥の生ハム
という極悪なコンボ
さらに添えられた白トウモロコシの”白い妖精”はなんと生
これが噛みしめるとめっぽう甘い
ここまでで普通のお店なら完成しているところさらに・・・
a0251646_13055811.jpg
つけ汁アップ
白い妖精で作ったスープにガランマサラと焼きトウモロコシ
このトウモロコシはゴールドラッシュという品種で芯を外し刷毛で丁寧に醤油をぬって焼いてあるとか・・・
もうどこまで感動させれば気がすむんだよ!こんちくしょー!!って感じです
もちろん麺を浸すと天国まで連れてかれそうな圧倒的な旨さ

たまりませんよ
一度この味を知ってしまえばもう戻れない
そんな一杯です

ごちそーさまでした
ちなみにくろ㐂さんの記事のストックはかなり大量にあります
どうやってアップしようかな?

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ


[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 13:44 | ラーメン | Comments(0)

麺屋 一燈@東京

このころは東京暮らしがこんなに続くなんて思ってなくて・・・
この一回の遠征にかけてめっちゃ綿密に計画をたててたなぁーと今思い返すと懐かしいですね

凪さんの後は麺屋 一燈さんに直行しました
a0251646_10234790.jpg
外観です
こちらのお店は行列ができそうな場合整理券を配布するということで早めに現着
確か7時過ぎにはついてたかな?
しばらく座っていると店員さんが
お早いですね整理券です
10時ごろ戻っていただいて整理券の順番にお並びくださいと説明してくれました
a0251646_10282490.jpg
メニュー代わりの券売機
塩と醤油が曜日で変わり月曜日には限定があるそうです
月曜日なんてふつー来れないだろーと叫びたいですね
後ご飯ものも充実しすぎて・・・悩みます
a0251646_10301407.jpg
せっかくなので基本の基本
芳醇香味そば(塩)780円
a0251646_10301608.jpg
麺は細麺のストレート
澄んだお出汁からはなんともいえないかぐわしい香り
たまりません
チャーシューも抜群においしくシンプルだけど箸を止めさせない力強い旨みと香り
飲み込んだ後の鼻を通り抜ける香りも秀逸で・・・
やばいですね
a0251646_10301882.jpg
こちらは濃厚魚介つけ麺830円
a0251646_10302027.jpg
麺は自家製太麺
色艶香味すべてに非の打ち所がないです
a0251646_10302167.jpg
つけ汁
濃縮された鶏の旨みに幾層にも折り重ねられた魚介の風味
やや塩気が強い気もしたが麺をつけるとちょうどよい感じ
トッピングのつくねはこりこりで噛みしめると柚子の香り
これはあいますなー

こちらもあっという間に完食
最後に割スープで割って完飲

どちらも完成度が異常に高い一杯でした
ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 11:20 | ラーメン | Comments(0)

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館@東京

東京朝ごはんシリーズ(謎)
最近名古屋にもイベント出店したすごい煮干ラーメン凪さん
その新宿ゴールデン街店本館はなんと24時間営業
つまり早朝からラーメンを食べれる素晴らしいお店なんです
a0251646_09554321.jpg
まずは外観
この入り口から狭い階段を昇って二階に店舗があります
早朝のゴールデン街はまさに深夜食堂の雰囲気で楽しいです
a0251646_09554920.jpg
a0251646_09555529.jpg
メニュ
どれもおいしそう♪
味の調整もあって面白そうですね
a0251646_09560159.jpg
すごい煮干しらーめん+漁師飯セット1250円
a0251646_09560861.jpg
麺は縮れの平打ち
スープは名前の通り煮干しの香りがすっごくて眠気が吹っ飛びます
a0251646_09561318.jpg
こちらは一反麺
まるでワンタンですね

スープをすすると煮干しの風味が口の中で爆発します
醤油タレのバランスが絶妙で飽きが来ない感じは飲んだ後でもあさらーでも行ける万能選手でしょうか?
太い平打ちの縮れ麺がスープを程よく絡めてどんどん箸が進みます
トッピングもバランスよく幸せな一杯でした
a0251646_09561877.jpg
こちらが漁師飯
真ん中に乗っているのが漁師味噌
瀬戸内なんかでよく見かけるいりこ味噌をあれんじしたものでしょうか?
これをがーっとまぜてそのままたべると口いっぱいに魚の香りが広がります
a0251646_09562602.jpg
適度に食べ進めた後スープをかけていただきます
これもたまりませんね
できたらこちらのお店ではセットでの注文をお勧めします
あとネギがすっごく合うので駒葱追加もおすすめかな?

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-03 10:19 | ラーメン | Comments(0)

和風居酒屋 魚輝@東京

ある日タイムラインに流れてきた一枚の画像
某M子さんがリツイートしてきたやつだったのですがむっちゃおいしそう

その画像を見てすぐ電話して何とか東京にいる日に予約成功
そんなお店が和風居酒屋 魚輝さんでした
a0251646_20465779.jpg

外観はこんな感じ

六本木駅か乃木坂駅から徒歩7分ってところでしょうか?
暖簾とかなくてむっちゃ迷いました(;;)
店員さんに誘導され何とかついたときには前通ったじゃん!!
と自分に突っ込んでましたよ(;;)
a0251646_20501406.jpg
a0251646_20501177.jpg
メニュ
刺身の盛り合わせだけは要予約です
a0251646_20501673.jpg
刺身盛り合わせ
値段は時価です
最終の会計から想定すると一人前1000円前後かと思われます
刺身はじっくり手当されたものからきときとなものまでいろいろ
個人的には青物がすっごく好みでした
a0251646_20501837.jpg
つづいてズワイガニのなめろう980円
これは日本酒にめっちゃいます
濃厚なみそとかに身の甘さに飛子の食感のあくせんとがたまりません
なめるように日本酒を飲むと幸せですに
a0251646_20502096.jpg
白子ときのこのフリット1080円
お店のかたが一人で食べてる私に心配して半量もできますよと言ってくれましたが通常量です
こういう気づかいはうれしいですね
白子の濃厚な味とサクっとした食感
いろいろなキノコの味も楽しめてお得感まんさいでした
a0251646_20502335.jpg
でいてもたってもいられなくなった原因のウニいくら土鍋ご飯時価
これも推定1合5000円くらいでしょうか?
注文から一時間程度時間がかかるのでなるべく早くオーダーを通しておくことをお勧めします
a0251646_20502513.jpg
断面ショー
味?
やばいとしかいえません
あーもう一度食べたいなー

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-01 21:00 | 和食 | Comments(0)

ローストビーフ油そばビースト@東京

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく願いいたします。

とかきながらすごくさぼった昨年をめっちゃ後悔してます。
でも言い訳をすると仕事が忙しかった・・・・
どころではなく9月以降週末のほとんどを東京で過ごしていた・・・
という状況でして(;;)

書く時間はほとんど捻出できずネタも東京ばっかという状況で更新に意味あるのかな?
とか悩んでいたりもしたんです。
でもなぜか三重の人に東京で偶然出会う機会がかなりあったので意外に上京率たかいのかな?
と開きなおることにしてしばらく東京編を書くことにしました。

まずはタイトルにあるローストビーフ油そばビーストさん
もう名前からよだれがたれちゃいそうです
しかしこのお店のすごいところは営業時間
なんと11:00~8:00(LO7:30)なんです
つまり夜行バスで新宿についてそのまま朝ごはんできるという素晴らしいお店なんです

a0251646_20211489.jpg
外観はこんな感じ
新宿駅から徒歩5分くらいです
a0251646_20215569.jpg
内観はこんな感じ
結構きれいです
a0251646_20221206.jpg
a0251646_20221559.jpg
めにゅです
丼や皿もあるのがいいですね
a0251646_20223363.jpg
でもやっぱり最初は基本のローストビーフ油そばダブル1300円
a0251646_20223589.jpg
麺はこんな感じです
a0251646_20221746.jpg
おすすめの食べ方に従って食べていきます
まず一口ローストビーフをほうばるとなかなかの美味
朝っからお肉をがっつりいってる背徳感がたまりません
次にむらなくかき混ぜて麵と一緒に味わいます
油そばという名前から結構がっつりきそうですが結構あっさりとした醤油ダレでサクサク食べれます
味変には茎わさびがおすすめ
玉ねぎ好きなら追い玉ねぎするのもありですね
玉ねぎ追加は無料なので勇気を出してコールしてくださいね
a0251646_20223727.jpg
〆の追い飯
a0251646_20223959.jpg
投入
残ったたれにしっかり絡めて残しておいたローストビーフでくるんとまくと幸せになること間違いなし

ごちそー様でした
お店の詳しい情報は食べログからどうぞ

[PR]

by tiyozo | 2017-01-01 20:33 | ラーメン | Comments(0)