<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

イングルサイドカフェ@名張

ちょいまるさんの帰り体を動かしたら(バームクーヘン体験)
ちょっと小腹がすいちゃいました

この近くで軽く食べれるところ・・・
どーせなら甘いもの

そう思って訪れたのがこちらイングルサイドカフェさんです

こちらのお店といえばまず素敵な外観から
a0251646_2138318.jpg

a0251646_21393825.jpg

そして内観
a0251646_21432670.jpg

さらに窓からの眺め
a0251646_2145613.jpg

うがー
こんな場所に住みたいよー
って暴れだしそうなくらい素敵な場所です
気がついたら一時間なんてあっという間に過ぎてますに?

とまったりしてたらメニュー撮り忘れてます(;;)
a0251646_21475446.jpg

ビクトリアサンドとスコーンのセットです

アフタヌーンティーも予約したら出来ますに?
a0251646_21543591.jpg

スイーツ部分アップです
a0251646_2155966.jpg

さらにスコーンにホイップとジャムオン
本来ならジャムファーストがマナーなのですが絵的にこっちのほうが
きれいなのであえて逆にw

スコーンもケーキもイギリス風でかなり本格的
フランシエーズとちがい飾らない外観ながらも素朴で美味しい
グランマ(だから誰?)の味

何度でも通いたくなる・・・そんな癖になる美味しさです

ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は公式HPからどうぞ
イングルサイドカフェ
[PR]

by tiyozo | 2012-06-27 22:02 | 喫茶・カフェ

よし笛カフェ ちょいまる@名張

名張にあるよし笛カフェ ちょいまるさんへ行ってきました

以前からこのあたりに来るたびに165号沿いに出ている看板が
気になっていたのですがやっと初訪問することが出来ました

a0251646_5475259.jpg

外観です
昔ながらの商店街の中にあります
a0251646_551444.jpg

こちらは内観
入ってみると店内は奥行きがあり結構広いんです
テーブルなんかは廃パレットの再利用とのことですがとっても素敵です
a0251646_553559.jpg

店内にはなんと井戸まで!!
こういう”穴”を見ると男心がくすぐられますw

a0251646_555691.jpg

a0251646_555599.jpg

メニューです
豆腐を中心としたヘルシーメニューや手作りを大切にした
メニューが並びます

a0251646_5573786.jpg

日替わりランチ700円
本日のメインは豆腐ナゲットと豆腐のキッシュ
どっちも豆腐なのに物足りない感を感じさせない美味しさでした
a0251646_603353.jpg

天然酵母のピザ(キーマカレー)980円
自家製のピザ生地は天然酵母を使用しているだけあり小麦の香りが
よく歯ざわりはもっちもち
ソースとあいまって超美味しかったです
a0251646_633645.jpg

そー言えば三重で食べるのはじめてかもな田楽(小)700円
ところ変われば味変わるといいますが愛知で慣れ親しんだものと
色が違います
ベースの味噌が違うんでしょうね
あ、でもやさしい味がしてこっちも好きですよ?
a0251646_663172.jpg

デザートの豆乳プリンともち米のケーキ
ランチには+300円でつけられます
写真は二人前ですので+600円ですがw
豆乳プリンはいい豆乳使ってるなぁとしみじみするお味
もち米ケーキはもち米の食感がよくわかるもっちもちがっちり系
ながら甘さほどよく癖になりそうでした

ごちそーさまでした

実はこの後飛び込みでバームクーヘン作り体験をしちゃいました
本当は要予約ですのでご注意を

a0251646_6104771.jpg

まずは生地作り
一生懸命まぜてください
a0251646_611476.jpg

どんどんまぜます
でもメレンゲの泡はつぶさないようにやさしくですよ?

もちろんスタッフさんが丁寧に教えてくれるので失敗の心配はありません
ここまではw
a0251646_6125218.jpg

棒に生地をのっけてー
a0251646_6133936.jpg

まわしながら焼きます
炭火なので上手に焼き色つけるのが大変です

ここからは自己責任
焦がさないように細心の注意が必要です
でも生焼けはダメよん?
a0251646_6144239.jpg

何度も何度も生地をかけては焼き生地をかけては焼きを繰り返します
単純なのですがこれが結構はまります
a0251646_616189.jpg

焼き上がり♪
結構上手に出来たかなぁ~?

これかなりはまれます
ぜひどうぞ♪

お店の詳しい情報は公式ブログからどうぞ
よし笛カフェ ちょいまる
[PR]

by tiyozo | 2012-06-25 06:19 | 喫茶・カフェ

料理教室inさとみ工房@津

毎月毎月楽しみで仕方ない料理教室の日
今日はいつものメンバーのうち女性2名が欠席
残るは男2名だけw
今日は男の料理教室だーと思っていたら

見目麗しいお嬢様がいるではないですか?
そう、先生のお嬢様が帰省されており急遽助っ人として
召還されていたのです

しかし先生に弟子入りしてはや幾星霜(大げさ)
かっては中学生だったお嬢さんがこんな立派なレディに・・・
年もとるわけだ(腹も出ました(;;))・・・と時の流れに涙しつつ

a0251646_6593768.jpg

本日のメイン1
肉じゃが
うん、料理本て嘘ばっかかいてあるんだ・・・と再認識
プロの技はこうなんだとびっくりです
a0251646_712440.jpg

メイン2
海老のさつま揚げ
これ簡単だし超美味しかったです
はまりそーです
a0251646_721854.jpg

副菜1
きゅうりとおあげの白和え
これも超簡単
白和えってもっとめんどくさいと思ってました
a0251646_735721.jpg

ミニトマトのマリネ
ほんとにこんな簡単に作れていいんですかと言うくらい美味しかったです
見た目もきれいだしこれは持ち寄りのときとかに手抜きできそうw
a0251646_753376.jpg

鮎ごはん
毎月違う季節のご飯を教えてもらえるのがうれしいです
しかも鮎は大好物
a0251646_774068.jpg

めいめいに盛り付けていただきまーす
a0251646_781581.jpg

豆乳ブラマンジェ
デザートまで一緒に教えてもらえるのがうれしいですね
しかも超簡単ながらもばっちり美味しいものばかり

こんな料理並べられたらきっと男はいちころでだませますよ?w
女子力アップにぜひどうですか?

ごちそーさまでした
今から来月が待ち遠しいです


さとみ工房
住所 三重県津市広明町85番地(地図)
電話番号 059-227-3070
定休日 日祝+教室のない日
[PR]

by tiyozo | 2012-06-24 07:15 | 自作・教室

生レバー食べ納めin八廣3@津

レバー生食禁止
こんなふざけた法律があっていいものでしょうか?

しかしまじめな飲食店なら法律には従わざるを得ません
つまり今月一杯で生レバーは食べられなくなるということなのです
最後にもう一回レバさしを食べて心にその味を刻み込みたい

そう思い某焼肉店に電話すると・・・
ごめんなー、今生食用のレバー取り合いでよう仕入れへん
と申し訳なさそうに謝られてしまいました

想定以上に食べ納めを狙う人が多いのか?
いかにレバ刺しが多くのの人に愛されているのかを再認識しつつも
二件目に電話・・・ダメ
三件目に電話・・・ダメ
四件目に・・・・ヒットー

やっと条件付オッケーが出たお店がこちら
津は高茶屋にある八廣さん

本来四件目にかけるお店ではないのですが・・・予約取るのが
一番大変そうなお店だったため後回しにしたのですが・・・
さすがは八廣さん・・・・おばあちゃんパワー恐るべしです

で条件付の条件とは・・・いいのがなかったら無理とのこと
入荷したら電話するでなーと素敵過ぎるお言葉

で次の日のお昼

特別ええのんではないけど何とか確保できたでーと
頼もしいお電話

早速その晩伺いました

今回はすべてすっ飛ばしてw
a0251646_6223326.jpg

生レバー600円
箸でつかむとぷるんぷるんと魅惑的にゆれ男心をくすぐります
口に入れてかみしめるとぷつんとはじけるような食感とともに
流れ出す独特の甘み
もーたまりません
そしてこれが出来るのも最後
a0251646_628546.jpg

生レバーおんらいす
ご飯の熱で生レバーの表面がほのかに温まり脂の旨みが増します
ほのかに白くなってきたころが食べごろです

他の焼肉に目もくれずまずは生レバーだけ心に刻み込むように一枚一枚
味わいながら食べていきます
お店には迷惑な話ですがたっぷり15分かけて生レバー完食
この味を胸に生レバー禁止撤回を求め活動して行くことを心に誓います

でこの後はもちろん焼肉♪
a0251646_63495.jpg

カルビ900円&ホルモン500円
a0251646_6343232.jpg

タン1000円&タンモト1000円
a0251646_6345592.jpg

そして今回初体験
クロ500円
部位としては第二胃(蜂の巣)と第三胃(千枚)の間の部分とのこと
牛一頭から1~2人前取れるかどうかの大変希少な部位だそうです
食べてみると・・・
表面の黒い部分は蜂の巣の食感ながら根元の白い場所はものすごく
柔らかくてジューシー
かみしめると内臓独特の旨みがじゅわーとジュースのようにあふれ出します
これすっごく好みです
個人的にはキングオブホルモンの名を贈りたいと思いました

a0251646_6444281.jpg

真剣に育てつつ食べます
焼肉って真剣にやると無口になりますよね?
蟹みたいに・・・w

ごちそーさまでした

とりあえず三重の畜産業と焼肉業界、文化を守る生食特区の申請を
各方面に働きかけていきたいと心に誓いました

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ
焼肉 八廣
[PR]

by tiyozo | 2012-06-24 06:47 | 焼肉

バーリーハウスinホテル木曽路@木曽路町

さて、視察は続きます
続いては地ビールで成功をされていてかつ昼食が取れるこちら
南木曽リゾートホテル木曽路さんへやってきました
昼食後地ビールの製造工程を視察する予定になっています・・・
が、もちろん私の興味はランチのみですw

a0251646_8181879.jpg

ホテル入り口外観です
a0251646_8191018.jpg

内観です
テーブルはかなりゆっったりとしています
土日はいっぱいで入れないこともあるのでご注意を

a0251646_8211252.jpg

こちらの一押し
目の前で焼いてくれるステーキです
a0251646_822841.jpg

4カットずつ取り分けてくれます
一回に一皿を守ってくださいね?
ちなみに私は6周しましたw

お肉は地物らしく味は濃厚でとても柔らかです
ソースはポン酢かステーキソースですが個人的にはよい脂が出てるので
そのままかポン酢をお勧めします

お勧めその2
a0251646_8244825.jpg

豚しゃぶです
自分でしゃぶしゃぶできます
つけダレはポン酢かごまダレですが・・・
飽きたらバイキングならではの創作を楽しむ手もあります
豚しゃぶカレーとか豚しゃぶ山菜そばとかがおすすめかな?
a0251646_8271961.jpg
a0251646_8274695.jpg

その他の料理です
変わったところでは鯉のあらいなんかもあります
後はオーソドックスに揚げ物、焼き物、カレーにサラダ、山菜そば
にお寿司などいろいろあるので食べ過ぎない程度にがんばりましょうw

あ、お値段は温泉入浴券、入湯税こみで3150円です

ごちそーさまでした

他の人が視察をしている間にわたしは
a0251646_832641.jpg

こちらで温泉を楽しみます
a0251646_8324338.jpg

平日のお昼の男湯はほとんど人がいません
ゆったり一時間ほどつからせていただきました

ふー極楽極楽
こちらのお湯はとってもお勧めですよー

お店の詳しい情報は公式HPからどうぞ
ホテル木曽路
[PR]

by tiyozo | 2012-06-21 10:05 | ビュッフェ

バーバーズダイニング@中津川

これからの農業のあり方を考えるという名目でちょっとした
視察旅行へ行ってきました

まずはサラダコスモさんの運営するチコリ村
まじめな委員さんたちはチコリの栽培方法や焼酎の作り方を
見学するなか私は一人戦線離脱w

そう、チコリ村といえばあの有名なバーバーズダイニングがあるんですよ?
寄らない手はないですよね?

しかしビュッフェは11:00~
到着時間は9:30で出発時間は11:00・・・

泣く泣くあきらめようかと思ったところモーニングをやってるとのこと

まずはチコリ村の外観から
a0251646_7193777.jpg

で、バーバーズダイニングさんの入り口
a0251646_7213129.jpg

ランチ時間には一杯になるという店内内観
a0251646_7221632.jpg

中央のビュッフェ台にはおかあちゃんの手作り料理がたくさん
のるんだろうなぁ(号泣)

a0251646_7263639.jpg

モーニング(400円)全体図です
おにぎりの具は梅としそこんぶ、型抜きっぽい形でありながらも
絶妙の握り加減
味噌汁はきちんとだしをひいた味で具沢山、この日はおあげと大根でした
しみじみとする田舎のおかあちゃん(ダレだ)の味です
ポテトサラダはジャガイモの味を前面に押し出し最低限の味付けながら
濃厚な味でめっぽう旨かったです
他にも肉じゃが、サラダ(もちろんチコリもね)みるかんまでついて
このお値段、むっちゃお徳だと思います

a0251646_732157.jpg

お手すきだったフロアのおかあちゃんと談笑しランチの内容を
おうかがいしていたらおにいちゃんこれ食べてってとサービス
していただいたチコリの天ぷら
チコリのさわやかな味が濃縮されほのかな苦味をがアクセントに
そして食感はさくさくからホクホクへと変化し本当に美味しかった

絶対今度はランチに来ます!!

ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は公式HPからどうぞ
バーバーズダイニング
[PR]

by tiyozo | 2012-06-21 10:00 | 和食

レストラン マットーネ2@津

本日はバイキング部の活動日
先月カレー部の部活動から派生して出来た新規部活動
その名もバイキング部

部員は例のごとくM子さん、tearoseさん、debupinkさん
とおまけで私なのですが・・・

今回は名誉顧問兼広報部長のM子さんが急用により欠席

正式活動報告も私が担当することに・・・
うわぁ、なんだか超プレッシャーです(;;)

今回はレストランマットーネさんのイタリアンバイキング
集合時間は11:40分
しかし今回は前回と違い次から次へと人がやってきます
席に案内されたころには料理の前には長蛇の列
しかも店内に男性の客は私とあと一人だけ・・・

完全アウェイの中何とか料理の写真を撮りますが・・・
後ろのお姉さま方のプレッシャーがきついので構図を決めれません
そんな中でシャッターを切ったので画像がいまいち納得できません(;;)

a0251646_1815595.jpg

左から順に
烏賊とほうれん草のトマトパスタ
茄子とベーコンのトマトパスタ
あさりとフレッシュトマトのパスタ
豚肉のラグーソースのペンネ
a0251646_1883198.jpg

空豆の雑穀米リゾット
ツナのトマトソースパスタ
小エビとアスパラのぺペロンチーノ
a0251646_18101764.jpg

若鶏の和風ピザ
アスパラガスの生ハム巻き
貝のオーブン焼き
魚介のフリットフィレンツェ風
a0251646_18123838.jpg

ポークフィレ肉のミラノ風
若鶏のグリルバルサミコ風味
モッツアレラチーズの和風パスタ(冷製)
魚貝のマリネ

料理はまだまだ続いたのですがサラダデザートゾーンはとても撮る余裕が
なかったのでご容赦ください
しかも改めて見るとひどい写真ですね・・・すいません

そんな中での戦利品第一弾w
a0251646_18154738.jpg

こうやって手元で撮ると多少そはの美味しそうな雰囲気が
伝わるでしょうか?

左上から時計回りに
小エビとアスパラのぺペロンチーノ
あさりとフレッシュトマトのパスタ
烏賊とほうれん草のトマトパスタ
モッツアレラチーズの和風パスタ(冷製)
魚貝のマリネ
アスパラガスの生ハム巻き
若鶏のグリルバルサミコ風味
貝のオーブン焼き
ポークフィレ肉のミラノ風
豚肉のラグーソースのペンネ
若鶏の和風ピザ
シシリア風ピザです

パスタは全体的にやさしめの味
こちらのシェフはオイル系よりトマト系のほうが得意なようです
前回のカレーと比べるとこれはっというインパクトはないものの
全体的に今回のお値段相応以上のお味です

a0251646_18555183.jpg

同じく左上から
空豆の雑穀米リゾット
茄子とベーコンのトマトパスタ
サラダパンツァネッラ
ツナのトマトソースパスタ

まず驚いたのがツナのトマトソースパスタ
普通ツナっていわれたらシーチキンなどのフレークを思い浮かべますよね?
こちらでは見てのとおりブロックでしたw
ちょっと硬かったけどこれはこれで新鮮で美味しかったです
そして本日の一押しは茄子とベーコンのトマトパスタ
茄子の甘みとトマトの酸味、ベーコンのコク、チーズの風味
この味なら一皿で1000円以上は取れますに?って感じです
このパスタだけは2回お代わりしましたw

この後も全種制覇を目指し食べ進めます
今回も一番最後のお客となるまで食べまくり、話しまくりました

フロアリーダーのおじ様にもうそろそろ終了時刻ですと声を
かけられるまでw

ごちそーさまでした
お店の詳しい情報は公式HPからどうぞ
くもづホテル&コンファレンス レストラン マットーネ


で、いつも通り部活の後にはレモンさんへよって
a0251646_195669.jpg

〆のかき氷
私はイチゴミルクを注文

そしてご店主に無茶振り
a0251646_1963051.jpg

私の北海道出張土産のアムプリンをご店主含む3名で分けて
もらうという荒行をお願いしちゃいました
ご迷惑をおかけしました

ごちそーさまでした

各種部活動の非公式部室となりつつあるレモンの木さんの情報は
公式ブログからどうぞ
和洋喫茶 レモンの木

皆様お疲れ様でした~
楽しい時間をすごさせていただき感謝です
次回の部活動は東洋軒のカレーバイキングになると思います
今度は全員そろうといいな♪
[PR]

by tiyozo | 2012-06-18 19:14 | ビュッフェ

レストラン グーテ@松阪

本当に素敵なお店に出会えました
それがこちら松阪は飯高町にあるレストラングーテさんです

ブログに載せる許可をいただきはしたものの載せるかどうかで
一晩悩みました

なぜならこちらのお店ランチ、ディナー各一日一組だけの完全予約制
で予約を取るだけでも大変だからです・・・

私は都合のいい曜日をお店に伝え一番近いあいてる日をお店の方に
お伺いを立て即予約という形で訪れることが出来ました

出会いのきっかけは徳八ご店主マトヤンさんからのご紹介です
本当に感謝です

ではまず外観から
a0251646_8462810.jpg

場所はホテルスメールのすぐ近く・・・ですが看板はこの入り口のみ
ヒントはスメールの正門から川を挟んだ反対側ですw
ぱっと見普通の民家ですがお庭の手入れのされ方などちょっと違うぞ
的なオーラがあります

a0251646_8494764.jpg

内観です
アットホームな雰囲気かつ上品、日本家屋でありながらフレンチっぽさ
を十分にあらわしています
すばらしいセンスだなぁと感嘆させられました
すごくこういう雰囲気好きなんです
a0251646_8531482.jpg

まずは豚肉のリエット
グリーンペッパーの香り、刺激と豚肉の濃厚な味わい
薄くガーリックが塗られた自家製バケットは小麦の香りが高く
焦がさずに良くぞここまでと思うくらいカリカリ
なにこれ?ちょーおいしいんですけど?と
いきなりテンションマックスになりました
a0251646_93276.jpg

前菜は剣先イカのトマトクリーム煮かな?
難しい料理名の説明などは一切ありません
食べ方とメインの素材だけをさらっと教えてくれます
そして何よりうれしいのがフレンチなのにちょこっとご飯
日本人には米が必要ですよね?w
そして料理のお味は・・・
これ、本当に剣先イカ?と悩むほどイカがぷりぷりの食感を残しつつ
すっごくやわらか
どんな火のいれ方したらこうなるのか・・・見当もつきません
トマトクリームソースは酸味、甘み、コクのバランスが絶妙
でイカの味と絶妙のハーモニー
さらにご飯とまぜながらお食べくださいの説明どおりに食べると・・・
美味しい・・・もう説明なんて無理ってくらい美味しい
だって・・・真っ白になって記憶が飛んでますもん・・・
気がついたらお皿の上に何も残ってなかったもん・・・
若干幼児退行しちゃいましたw
しかしこれはまだ前菜
ジャブでしかありません

a0251646_9121643.jpg

えんどう豆のポタージュ
ともすればいやな味が出がちのエンドウという食材
全くいやな味を出さずにエンドウ独特の香りと甘さが
口いっぱいに広がります
しかもとっても濃厚でテーブルマナーがあまり得意でない私でも
上手に最後まで飲めました

腕だけでなく心配りも憎いです
a0251646_9155068.jpg

パンもなんと自家製
リエットのときに語ったように小麦の香り、味がすごく濃いです
正直に言いますね
むちゃくちゃ旨いです
たぶんパンを焼かせても私が知る限り三重一ではないでしょうか?
商業用のパンと限られたお客様に提供するために焼くパンとの違いは
私でもわかっているつもりです
それを踏まえても・・・たぶんこの人の上は今の三重にはいないん
じゃないでしょうか?

だって、たまたまお土産にもらったクロワッサンの味なんて・・・
人生初体験でしたもん

a0251646_9255780.jpg

魚料理は鱸のポワレ
素材がよい上素材の味を100パーセント引き出す絶妙の火加減
そして200パーセントに押し上げるソース
これぞ本当のフレンチです
a0251646_9275361.jpg

口直しの自家製八朔のそるべのあと肉料理
この日は仔牛のソテー
もうかたる言葉を持ちません

あえていうとガルニだけでもその辺のお店と勝負が出来ると思います
a0251646_9334364.jpg

デザートはカスタードプディング
いやこれはクレーム・ランヴェルセ・オ・カラメルと言うべきかも
それ位本格的

カラメルはほろ苦くプディングはバニラビーンズの香りと絶妙な甘さ
濃厚な旨み、そしてボリューム

デザートを食べたぞって気分を十分に持たせてくれます
よくあるきれいだけどちょっと寂しい感は一切ありません!!

a0251646_9413770.jpg

最後にコーヒー
もちろん紅茶も選べます
香りのよいフレンチロースト
水がよいので本当に美味しいです
たっぷりポットでサービスしてくれるのもうれしいところ

もちろんフレンチなので焼き菓子もつきます
特製のチュイルだったのですがこれがまたすっごく美味しかったのです

が。。。写真の枚数上限があるためそるべとともに泣く泣く割愛しました

ごちそーさまでした
本当に美味しかったです
しばしシェフとマダムと歓談し次回の予約を取り帰途につきました


お店の詳しい情報は公式ブログからどうぞ
レストラン グーテ
[PR]

by tiyozo | 2012-06-18 09:48 | イタリアン・フレンチ

龍府@津

やっほー
冷やし梯子の帰り道、調子に乗って新店開拓
訪れたのは津市高茶屋に6/13にオープンした龍府さん

昼間、津eatさんの呟きでオープンしたのを知りました・・・
場所は一まるうどんの跡地
お店がなかなか定着しないあの場所です

a0251646_6475747.jpg

外観です

a0251646_6484085.jpg
a0251646_6491697.jpg

メニューです
毎日何か一品が半額になるそうです
ちょっと期待ですね

a0251646_6502169.jpg

さすがにラーメン×2、ご飯もの×2、餃子×1、デザート×1
の後ですので〆に天津飯(開店記念価格300円)のみ注文です
a0251646_652351.jpg

餡はしょうゆベースで味は濃い目、すっぱくはなかったです
ご飯はぎっちり大盛り、女性にはきついかも?
で、玉子なんですが・・・
ふわふわ感がなくがっちり固め、ドレープ状に焼き締められた
不思議な食感・・・個人的にはちょっと苦手かな?

とわいえまだ開店二日目ですので落ち着いてから裁縫したいと思います

ごちそーさまでした

中華料理 龍府
住所 津市高茶屋小森町上野1361-1(地図)
TEL  059-234-1233
定休日 年中無休
営業時間 11:00~14:30
     17:00~24:00
[PR]

by tiyozo | 2012-06-18 07:11 | 中華

京風坦々麺専門店 百福@松阪

ひゃっほー
花紋さんを後にした私は意気揚々2軒目に向かいます

訪れたのは42号線沿い、駅部田にある京風坦々麺専門店 百福さんです

こちらのお店もオープンから初来訪までだいぶ時間が空いちゃいました
来たい来たいと思いつつお向かいの徳八さんへふらっと引き寄せられる
そんな浮気を何度繰り返したことかw

でついにたどり着きました
まずは外観です
a0251646_8453634.jpg

なぜにスパイダーマン?w

あ、そうそうこのお店駐車場がわかりにくいのでこちらもどうぞ
a0251646_8471077.jpg

運転に自信のない方、大きな車の方は第二駐車場をお勧めします

a0251646_952326.jpg

内観です
カウンター数席と小上がりが2席
わりとこじんまりした店内ですが・・・
a0251646_96522.jpg

a0251646_97357.jpg

随所にご店主の趣味が織り込まれています
このバイクなんて買ったことがばれて奥さんとだいぶやりあったと
か・・・お店の内装としても趣味としても奥さんに内緒が許される
レベルじゃないと確かに思います・・・w

でやっとメニュー
a0251646_910147.jpg

坦々麺とチャーハンのみのシンプルなメニュー
迷わなくていいぶん私はこういうお店が大好きです
一品へのこだわりも感じますしw

で、きょう冷やしの梯子なのでもちろん
a0251646_9134370.jpg

冷やし坦々麺(並)
a0251646_9143215.jpg

麺リフト
麺は中細ストレート、京都の有名な製麺所のものでした
茹で上げた後きりっと冷やしコシのあるシコシコ間がよい感じ
スープはクリーミーでマイルド、酸味と甘み、辛味のバランスが
ちょうどよく先ほどの麺と絡まってめっぽう旨い
そして何よりうれしかったのがしゃきしゃきの葱のみじん切り
丁寧な処理で葱くささはほとんど感じずさわやかな風味
そしてしゃきしゃき食感がこのクリーミーな坦々麺にほどよい
アクセントを加えてあきさせません

こんな美味しい坦々麺専門店絶対つぶしたくないので松阪市民の
皆様、三重県民の皆様どうか足を運んであげてください

で、サイドメニューからも何かとこちらを注文
a0251646_9223728.jpg

かにあんかけチャーハン(小)
塩味の餡のなかにふわふわの玉子チャーハン
(小)といいながらもかなりのボリューム
これがほんとに450円でいいの?
と思っちゃいました

京風と名乗るだけありどの品もやさしい薄めの味付けなのも私好みです

今まで来なかったのをちょっと後悔しました
でもここまで来ると徳八さんにも行きたくなるし・・・
悩みの種が増えちゃいました

ごちそーさまでした

お店の詳しい情報は食べログからどうぞ
京風坦々麺専門店 百福
[PR]

by tiyozo | 2012-06-17 09:27 | ラーメン